「自分の言葉で思いを発表。たくさん感じて気づいて良かったね❣️」紹介part3。

http://applekids.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/531/2019/09/header20190916172705_248990132.jpghttp://applekids.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/531/2019/09/header20190916172705_851763661.jpg
9月7日に、グアムプログラムに参加してくれた子供たちと保護者の皆さまにお集まりいただき
「報告会」を開催しました。

出発4ヶ月くらいからお母さま方とライングループを作り、そこでやり取りがスタート。
「今日のレートは○○○よ、替え時かも。。」
「どうも向こうは毎日雨らしい☂️ 常にバックに傘だけれど、ジップロックに入れて持ってると便利ですよ!」。。。などなど些細な事も連絡。
勿論、お母さまからの質問や激励も。。。こんな事からも、お母さま方も一緒に準備期間から盛り上げてくださった気がします。
「私が行きたくなってきました〜😅」なんて。


あちらと打ち合わせしながら雨季とはいえ例年よりも雨の毎日ということがわかり それも仕方ないな、と覚悟して現地入り。
ところが、晴れ☀️が3日間続き 見せたかった青い空とエメラルドグリーンの海を子供たちは満喫する事ができました。もしかして みんな晴れ女?晴れ男?
現地の人に「ラッキー🤞」と言われました(*^^*)


そんなラッキーも伴い予想以上のプログラム内容になり、アップルの子供たちが充実できる語学レッスンと午後のアクティビティーの濃さに感謝です。これは語学学校の校長先生はじめ諸先生方、そして渡航からホテルまでアレンジしてくださったKyosaiの相談役のお陰です。


「報告会」では、子供たち一人一人に思いや感想を発表してもらい、お母さま方にもそれぞれお言葉をいただきました。中にはウルウルしているお母さまも。。私が堪えてるのに「反則〜」って😂

普段家では見られない我が子の様子を垣間見れて、お母さま方も喜んでおられました。

私も子供一人一人に
「○○はあの時、良く一人でサイズ交換しに店に戻ったね!やる気になればできるんだよ👍、よく頑張った❣️」
「○○は何気なくだけど いつもみんなに声をかけてたね!あの声かけで誰一人として寂しい思いをすることがなかったよ。ありがとう❣️」などなど
感じた事を伝えました。

全体的には、
「とにかく話したい度100パーセントで、レッスンは勿論のこと、どこに行っても誰が相手でも
英語を常に使っていた大学生たちに脱帽👏」
「日頃英語の勉強はしていても、言葉として発する事を渋り、恥ずかしさと 間違ったらどうしよう。。の不安もあった中学、高校生たちが、
楽しみながら英語でコミュニケーションをとっていたことに感心と感動👏」。。。
私の心配をよそに、やってくれちゃっていました👍👍👍。


たくさんの写真と動画鑑賞しながら盛り上がり
大学生は「グアムロス復活」とか。。。
最高に良い体験と時間になりました。
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

最後に
今回、参加するにあたって課題として 事前に目標&目的レポートと、帰国後に感想レポートを提出してもらいましたので(これは日本語と英語の両方で)
このレポートや報告会の様子から 子供たちの気持ちの変化をかなり略しますが少し紹介します。

生徒A
事前レポートには
「アップルだから正直に書きます。このプログラムに参加する理由は 直球に言うとないです。
自分的にはグアムに行って色々な事を経験して、自分の中に変化が起こると良いなって思ってます。。。。」なんて事が書いてあり。。
でも 私はこれを読んでる時
「何言ってんの! 十分理由があるじゃない
❣️ 」って思いました。
この生徒Aは、帰国後のレポートには
「参加してたくさんの経験ができて本当に良かった。。。。。。
英語を使っている時常に楽しかったです。。。
先生や現地の人の英語がなんとなくだけど理解できて、返事ができた時は本当に楽しかったです。。。。。
とりあえず勉強を頑張って、外国語系か国際なんとか系の大学に進みたいと思います。。」と。

生徒Aは、目標がまだよくわからない中
理数系を選択していて。。でも自分が
決めた新たな目標に向かい頑張ってみる
そうです。「俺、先生みたいになりたい
」と。こんな事言われた事 ないので 講
師馬鹿かもしれませんが、
嬉しかったです。
笑い話で 「先生みたいな道歩んだらダ
メだろ〜が💦」って突っ込み入れたら
「何で?先生頑張ってるじゃん!」
みたいな言葉で返してきました😃
まさか、生徒とこういう会話ができる
とは✨✨✨

生徒B、事前レポートでは
「小、中、高と英語を勉強してきたけれど、自分の英語が海外でどれくらい通じるかを試したい。。。。
。。。。日本の文化と全く違うことがあると思うので そのようなことも学びたいです」と。
この生徒は外国は怖い所とも思っていた
ようで💦
その生徒が 帰国後レポートでは
「プログラムに参加して視野が広がりました。。。独自の文化に触れ新たな発見がたくさんありました。。。
。。。治安が悪く怖いひとばかりだと勝手に思っていましたが、空港やお見せ、ホテルで働いている人々、街を歩いてる人など、みんか笑顔で親切で、悪いイメージを持ってたことが申し訳なく思います。。。
。。。
。。。大きな目標として、お金を貯めて 世界中の国々を飛び回りそれぞれの国の文化に触れたいです。。。」と。

生徒Bたちは、マナーや異文化も学び
たい姿勢があり、1分1秒も無駄にし
たくない感でたくさんの事を吸収し
ていました。今まで以上に外国に興
味、夢を持った生徒も増えたように
感じます。

全員が同じような感想を持っていて、「Have a
nice day!」の一言が幸せな気持ちになることを
肌で感じ、中学生もどこにいっても実行していました。
事前レポートの英語欄は1文しか書いていなかった生徒も帰国後レポートには10文以上ビッシリ‼️
「自分たちが楽しめるようにわかりやすくレッスンをしてくれた先生に感謝」
などなど、人に感謝する感想も多かったです。



それぞれが感じ得たものは大きいです。
一つ得たものがあるということは、今回のプログラムを実行した意味もあると安心しています。
異文化も学び、楽しい事ばかりではなくそれぞれの国々が抱える諸問題や危険な事も徐々に認識していき、日本にも海外にも目を向けていってほしいと願います。

これで「語学&海外体験in Guam!」の報告、紹介は終わります。
最後までお読みくださり、しかも3回分に目を通しいただきありがとうございました。

「語学&海外体験in Guam」報告 Part 2

http://applekids.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/531/2019/09/header20190907125449_657940578.jpghttp://applekids.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/531/2019/09/header20190907125449_548607011.jpghttp://applekids.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/531/2019/09/header20190907125449_025691825.jpg
子供たちから、日頃出ている後ろ向きな言葉は何処へやら?
前向きで頼もしい言葉をが飛び交っていた毎日に
私の目尻は下がりっぱなし(´∀`)。
「子供たちは ネガティブ発言してない事に気付いてないのだろうな⤴️」と思ったりも。。

☆語学学校では、グループワークで発表を頑張り
ました。それに向けて 夜部屋に集まり練習し
て自然に仲間と協力し合っていたのが印象的。

徐々に発言することに抵抗がなくなってきたよ
うに見えた男子たち。最年少の女子は男子がび
っくりするほどやる気で臨んでいました。
中学、高校生チームは、グアム大学で講師も
されている先生のレッスンで厳しく楽しい内容
でした。 私も この先生のレッスンを受けた事
がありますが、引っ張り出す事がとても上手く
わかりやすいので大好きです。

大学生は、先生を交えて楽しんじゃっている
のが良い空気と学びたい気持ちを前面に出し
ていましました。いい感じでした。

☆ アクティビティーでは、グアムのヒストリー
ツアーで 「ラッテストーン」「Fish eye」
「スペイン広場」などを訪れ、それぞれに纏
わる背景に触れ過去と対話してきました。

トランポリン施設でおもいっきり 体を動か
し 全てのゾーンにトライして弾けていまし
た。最近体を動かしていなかった子供もいま
したので 汗だくになって楽しんでいる姿を
見てるのがとても嬉しかったです。

☆アップル独自の時間は、バスでダウンタウンか
からは離れている アウトレット見学。男子と
女子で別れて「英語でショッピング!」。

1時間後くらいに 女子が 「先生、超ヤバイよ
、おまけがすごい!」と満遍の笑顔で興奮気味
。勿論、店員さんとのやりとりは全て英語!
これがかなり充実していたようです(^-^)v
男子も、短文ですが 「よくそれだけ交渉や質
門 できるね⤴️ いいよ!いいよ!」褒めちゃう
感じでした。

夕食は やはり日本人の姿は見えないアメリカ
ンな場所で。
3日目、4日目となると 注文も慣れてきたもの
で 「I’ll get○○○」とか 自分の注文の仕方で
クリアーしていました!
お店の方も子供たちの目的もわかってくれて、
1人1人にレシートをくれ、それぞれに支払いを
させてくれました。この計らいに感謝です。

💚 紹介しました内容はほんの一部ですが、子供たちの この笑顔が全てを物語っていると思います。あちらの校長先生には アップルの生徒が楽しめるアクティビティーを組み込んでくださった事、先生方の楽しいレッスンに感謝です。

グアム報告は 次回の「まとめ」で終わりになります。

長文にも関わらずお読みいただきありがとうございますm(_ _)m。

とうとうこの夏に実現しました❣️ アップルキッズ語学☆海外体験 in GUAM🏝

http://applekids.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/531/2019/09/header20190903180919_303860144.jpghttp://applekids.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/531/2019/09/header20190903180919_921733171.jpg
2019年、8月20日 私の夢と子供達の希望が叶いました✨✨✨

開拓、繋がり、土台作りに足を運び続けて13年。
我武者羅に働く意味の一つに渡島のための資金作りもありました。
託児所から開拓し、次に語学学校。自らもレッスンを受講し人脈広げたこの年月。せっかく繋げた糸が切れてしまったことも。繋がった語学学校が閉鎖する事態もありました。。でもそれ以上に素晴らしい方々や他の語学学校に新たに繋がれて今があります。

なぜ私がグアムに足を運びつづけるのか?
それは 「いつか生徒達にグアムで語学&海外体験」をさせたいという夢があったからです。
時差は1時間だけで、飛行時間たったの3時間ちょっとで体験体感できる海外。水や食べ物も安心度が高い。子供に優しい場所、そして何より人が素敵。。。これが渡島回数を重ねるうちに「ここなら大丈夫。きっと。。✨」と確信できました。

6年前に、1度友人達の子供さん(アップルの生徒達でもあった)を連れて渡島してみました。この時は小規模の私の渡島に便乗という形でしたが、子供達がとても楽しみ良い経験ができたということも今回に至る大きな土台と自信になりました。

ちょっと時間かけ過ぎてしまいましたが、
去年末から念密に計画をし、あちらとも時間の許す限り連絡を取り合い アップルに合った
「グアム語学&海外体験プログラム」を作る事ができました。

「数人でもいい、希望者がいるならやろう!」
と現役中学生と卒業生に声をかけたところ、
予想以上に希望者あり😍で。。。

私の夢が 子供達の夢にもなり ワクワクドキドキしながら出発日をら待ちました。

アップル初となるこのプログラム。中学生には、日頃携帯依存化している現実もあり「携帯無しでいこ〜👍」と決め「えー!」のブーイング。
だって、携帯に向かう時間がもったいないし きっと そんな間なんかない! せっかく行くのだから仲間や人と話ししようよ!色々な物見てここよう!。。。との声かけに、これに関しては
乗りがイマイチだった子供達が、「携帯無し」のもたらす素晴らしい時間を過ごしました。

子供達が体験しか貴重な時間を数回に分けて
少し紹介したいと思います。

☆キッチン付きレジデンスホテルに3人or4人づつ
滞在。親交も深まりました。

☆午前中は語学学校で 中学*高校生チーム と
大学生チームに、分かれての授業。
初日は中学生が照れとハテナで静かなこと💦
静かなこと。それでも 口を開き言葉を発して
る👍 黙らないのがえらい!
高校生が自然にリード!
大学生は やはり流石! 普通に理解と会話!
夜は宿題もあり みんなで協力。いい感じ。

☆午後は 語学学校のアクティビテー参加。
オリンピック2大会出場のダン先生のシュノー
ケリング指導で 美しさ海でたくさんの魚と戯
れる。女子も男子もノリノリ。
とにかく「Beautiful!」「Wow」の連発。

原住民チャモロの人達のお祭りにも行き、露店
を見たり、ココナッツジュースに挑戦したり。
が、「美味しない💦 もう絶対飲まない」と。
屋台で夕飯ゲットして海辺で夕食。
「肉、超〜美味しい〜!」と。この時の
サンセットの美しさに女子は感動し過ぎて半泣
き。 勿論、私も感動×2。

☆毎日午後4時以降は アップル独自、私と子供達
の時間。
私の考えたプログラムで いつも英語レッスン
付き!
グアムの友人を訪ねたり、かなり激しい乗り物
に乗って大はしゃぎ。
アメリカ🇺🇸〜ン な レストランで 1人づつちゃ
んと注文。「I’ll have○○○.」って言えてたね
🙆‍♀️
チップも考えて自分の分はきちんと計算。
食に欲がなかったり 普段少食の子供も完食!
びっくり‼️

Kマートやコンビニプラプラも楽しむ夜。

どこにいっでも レジでも 「Have a nice day!」→「You too!」の挨拶と笑顔に子供達も
笑顔が絶えない😊

❤️ それぞれが 何かを求め 探しに来たグアム。
何を感じ、何を得るのか??
子供達が一瞬一瞬を楽しんでる姿を見るのが
楽しくて仕方ない私でした。

次に続きます。

☆写真など諸々は承諾を得て掲載しています。

🔺掲載写真、文言等全てのコピー*転写を固く禁じます。